--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/27

有る事難し

t
快適庭遊びの夕刻、初老の母が管理しているハーブの庭 の端っこ・・

ハーブと花のガーデニング中心の生活だった母ですが
ミナモによる「まさか犬ってこんなだと思わなかったショック」でアニマルコンパニオン効果最大化のいい例です。
心身健全化して大変感謝されております。
ミナモのブリーダーさんを見つけられたことは本当によき縁であったと私も感謝しています。
blogには書いていませんが県内や東北にはほとんどなく、
ネットなどで探しても空振りや情報不足が多く
大変な労力と時間を割いて見つけたのでした。
そして私にとって最良のタイミングで子犬を育ててくださいました。
遠いところにお住まいなのですがなんとか母犬にも一度お会いしてお礼をいいたいものです。

ここいらでは犬は外飼いで吠えるのが当たり前なので
大型犬の室内飼いでの私の教育方針は書籍では標準なのですが
理想的に教育を吸収してくれるミナモは家族内外にカルチャーショックを与えています。
犬種のせいだと思われがちで、もちろんその要素や血筋も大きいのですが、
私自身飼う1年以上前から図書館の犬系飼育書籍はもちろん(古い飼育本で現在と異なる点は面白いと思った)、
2社の大手ネットレンタルDVDのしつけ系全てを借りて学び、
訓練所に行っては子犬を飼ってから来てくださいと言われ、
今振り返れば理想的ではないものの自分なりによかれと考えて1日目から真摯につたない教育方針を持ち折れては修正しながら歩み続けています。

そういう意味では今のミナモはできることも至らないこともまさに私自身の力の鏡です。
猟犬を育てる経験者からはダメだしを食らいました。
言うことを聞かないときは前足を強く踏めばこの犬種なら何でもすぐ覚えるそうで、
ミナモはトシの割には服従度合いが全然甘いそうです。
一ついえることはその人とそのワンチャンとの関係性は私にとっての目標の姿ではないということです。
私の住む近辺のベテラン飼育経験者と私の意見が合わないのはやはり「使用犬」「番犬」への文化が根強いせいでしょうしそれはそれで良いと思います。
自分のスタンスに頑固なので私はぶれることがありませんし、
心身健康なミナモのおかげで良き日々を送れています。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。