2009/12/04

8歳の柴

朝の散歩でたまに顔を会わせていた8歳オスの柴。
昔秋田犬のオスと格闘(なんと相手がノーリードだったらしい)した経歴があるらしくって他の犬を飼い主(高齢のご夫婦)が警戒していたようです。
秋田犬は忠誠心が強い反面警戒心や威嚇の行動は強いです。
大型犬のノーリードはコントロールの自信がある距離感の中でだけやらないと危険なのは当然。
この柴犬君昔はラブラドールやシェパードとよく遊んだらしくって
こちらがノーリードにしてもなんともないのであちらも解放。
「久しぶりに放したなあ」
走り慣れないらしくてすぐに疲れてしまいましたが
飼い主共々大変喜んでいました。
賢そうな柴犬でなるほどオスらしい堂々としたそぶりでした。
*人に頭をなでられそうになると威嚇するらしい
「この犬だば大丈夫だなあ」
そういわれるとへへっとうれしい感じでした。
飼い主の方が神経質になってしまっているようでした。
「今度待じ会わへしてもらうがなあ」
んー 気に入られたようだよミナモ。
確かに犬同士遊ばせる文化があまりないので喜ぶ犬の姿を一度知ってしまうと
なんとかして機会を作りたくなる気持ちがわかります。

1
それ以外もたくさん遊んだので疲れないはずなし。

*最近になり前足をかけずにジャンプして人の顔をなめようとするそぶりを見せるようになった、危険。
これは現状では叱る要素が無いもんだからなんとかせねばあかんと考え中。
飛びつきも許可されていることのほうが多くこちらの認識が甘くなってしまっている。
やはり顔なめは禁止にしないといけないのか。

*ひなガラ一羽(鋏でバチバチ切って軽く茹でたの) トマト半分 もやしとほうれんそう炒め 穀物無し 

コメント

非公開コメント