2010/07/10

オイル

o

ミナモが来てまもなく犬の手作り食事教室に参加した時にオイルについて実は意識も知識も低いということが判明した。
オイルが自身に不足していた感覚は身に覚えがあるがオイルの質がどういう影響を与えるのか正直未だ実感できないでいる。
最低限の知識として酸化、というのがキーワードになると思う。
例えば3ケ月も半年も冷凍庫に保存している肉や魚の油は当然酸化しているはず。
空気に触れない缶詰は本当に大丈夫なのだろうか。
ドッグフードは酸化防止の添加物がない限り開封後1ケ月程度が期限らしいが
これは油の酸化を意識したものだろう。
ただし1ケ月で本当に酸化しているのか確認の方法はわからない。
ちなみにミナモが使用している朝のフードは吉岡湯量とフィールドゲインズのローテーション。
酸化してなくてもドッグフードに含まれるオイルやスーパーで惣菜に利用するオイルなどは
本当はいかがなものなのか。
アレルギーの原因として疑う人もいるらしいがもっともかもしれない。
いっそオイル使用を減らして製造して飼い主が良質なオイルをかけて与えるようなフードがあれば
よいのではないかと個人的には思う。

私は揚げ物をしないので自炊での使用量はものすごく少ない。
なのでオリーブオイルやゴマ油など割高のオイルを摂取している。
夕食の手作り食では自ずとミナモも同じオイルを摂取するわけで
これは健康維持に大変よい影響を及ぼしていると思う。
今日はオリーブオイルに刻んだニンニクを入れて煮立て匂いをつけてから食事の仕上げにかけたけど
まさか犬には贅沢と言われてもこういう旬な食材での一手間の積み重ねが本当は大切なんだと思う。
1年以上前になるが手作り教室さまさまなのであった。

コメント

非公開コメント