--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/28

本物の山

すっかり良い子になってしまいまして初めて会う人などには大変ほめられます。
こちらの要求も察してくれるし心身健康で便も問題無いし何から何まで期待以上でありがたいものです。

さて涼しくなって活動的になってまいりました。
歩いても20分くらいで登山入口までいける地元の山は標高約300mで登山には丁度よいのですが
本物の山だけにダニがたくさんいてなかなか連れて行く気になれません。
涼しくなり気分もよいのでダニ覚悟で頂上を目指して歩いてみました。
しかし初の昇りの連続はみなももこたえたようで30分程で速度がぐっと落ちてしまいました。
どこまでも登っていくので少し不安になった様子、
なので頂上まではあきらめて山頂手前でUターン。
下りになった途端尻尾の振り幅アップして調子が出てきました・・。
降りきると入り口のキャンプ場付近には湧き水や渡り廊下など趣きがあります。
人は一人だけ登山路ですれ違ったのみで
正味1時間半の散歩でしたが最後までノーリードでした。
体力のなさを実感しましたが昇りの負荷は体力アップには結構よいのかもしれません。
ダニよけハーブスプレーを服にかけたせいかダニはつきませんでしたが
大量のイジクサレ(服につく植物の種の俗称)を取るのが大変でした。
写真は相変わらず今イチのばかり・・。
森の精気が心地よくまるで宮崎はやおの世界。

1

6


2

3

4

5

春から夏にかけてはみなもは布団に入ってこないのですが
丁度この季節から網戸状態で寝ると夜間に冷えるせいか
深夜に布団に入りたがります。
その合図として吠えはしないのですが体をブルブルっと鳴らします。
私はもちろん寝てるのですが
ブルブルっとする音には敏感になっていて
しかも少し期待しているところもあり
年齢的には恥ずかしいのですが
ねぼけながらも暖かく布団に迎え入れるのです。
10・20年前には自分がこういう夜を過ごすなんて到底考えられませんでした。
これがまたよく眠れるのです。南無。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。